ハイエース 200系 3型 標準 インテリアパネル14P ピアノブラックjkラングラー前期用ベットキットN-BOX 大型ルーフコンソール 2017.8~仕様変更

レカロ シート エルゴメドD 【送料関税無料】

レカロ シート エルゴメドD
スレ、キズ、ほつれ、ヘタリ、付着物、サビ、シワ等あります。 ティーダにて4年弱使用しました。 オマケで新品のまめ電の補修用ピレリマット付けます。 用品の種類...バケットシート 対応車種メーカー...汎用
砂澤ビッキの「風に聴く」。最も大きな材の中央左に焦げ跡がある=小椋安幸さん撮影(札幌芸術の森美術館提供)
砂澤ビッキの「風に聴く」。最も大きな材の中央左に焦げ跡がある=小椋安幸さん撮影(札幌芸術の森美術館提供)

 「自然は作品に風雪という名の鑿(のみ)を加えていく」。作品の行く末を自然に委ねようと、こんな言葉を残した現代彫刻家の砂澤ビッキ(1931~89)。朽ちていく屋外作品を保存すべきか論争を呼び、晩年の10年を過ごした北海道音威子府(おといねっぷ)村では倒れたトーテムポールが土に返ろうとしている。己の作品が消えることを厭(いと)わない芸術家とは――。村での創作に寄り添った砂澤ビッキ記念館(正式名称はエコミュージアムおさしまセンター)名誉館長の河上實さん(84)に尋ねると、自然だけでなく、何もかもをあるがまま受け入れる生き様が見えてきた。

音威子府村
音威子府村

 「あれはビッキを支援していた国鉄の職員たちが、展覧会に出品するためトラックで札幌へ運ぶ途中、窓から投げたたばこがどうした具合か荷台に飛んで焦げたのさ。焦がしたヤツはひどくしょげていたけど、ビッキは『おっ、焦げてんのも悪くねーな』なんて笑ってんだもの」

 衝撃だった。「あれ」とは札幌芸術の森美術館(札幌市)所蔵の「風に聴く」である。図録を確認すると、確かに作品の一部に大きな焦げがある。同館に問い合わせると、山田のぞみ学芸員がビッキの遺族に確認した上で返事をくれた。「私も初めて聞きましたが、その通りでした。北海道立近代美術館での展覧会のため輸送中だったそうです。ビッキは気にせず『まあ、そんなこともあるだろう』という感じだったと。『樹華』という作品も後に人の手が加わることを善しとしていたと聞いており、おおらかさが伝わります」

 河上さんの話はまだ続く。次はうちわを思わせる造形が特徴的なセット作品「隔生」だ。音威子府の公民館で開かれた作品展で、子どもが作品の一つにぶつかり倒してしまった。作品は真っ二つ、親子は真っ青。「でも、ビッキは親子を責めるでもなく、『これ、うまく合わせれば立つんじゃねーか』と言ってそのまま展示を続けたんだ」という。

 割れた「隔生」は今、洞爺湖芸術館(北海道洞爺湖町)にある。補修されているが、今も割れ目はくっきり。2008年にオープンした同館によると、修繕した記録はあるが、経緯はよく分からないという。

砂澤ビッキ=河上實さん提供
砂澤ビッキ=河上實さん提供

作品の行く末、自然に委ねて

 ビッキはアイヌにルーツを持ち、大自然に根ざした大胆かつ繊細な作品で知られた。音威子府村へ来たのは78年。稚内と旭川の真ん中に位置する村は林業が盛んで旧国鉄時代は交通の要衝だったが、過疎に悩んでおり、「工芸の村」づくりの目玉がビッキの招へいだった。材木商でもある河上さんは下見に来たビッキを貯木場へ案内。クルミ材の山を見たビッキは「こんなにもあるもんか」と驚き、移住を決めた。廃校になったばかりの筬島(おさしま)小学校(現在の記念館)がアトリエ兼住居になった。

 用材への飢えから解放されたビッキは村内に次々と独特のトーテムポールを建てた。JR音威子府駅前の「オトイネップタワー」(高さ約15メートル)やフクロウ、エゾシカ、キツツキの3体からなる北海道大中川研究林庁舎前の「思考の鳥」など7作品。多くは既に朽ちたり埋められたりしたようだ。

 「オトイネップタワー」の牛など主要部は記念館に展示されている。だが、保存処置は取っていないため「表面にキノコが生えたり、どこから入ったのかクワガタが取り付いていたりすることもあります」と川崎映学芸員は笑う。

 一方「思考の鳥」のうち最後まで自立していたキツツキは昨年倒壊。北大中川研究林では、水路へ落ちそうになった本体を引き揚げただけで放置している。職員の馬谷佳幸さん(43)は「これまでフクロウの翼など一部は記念館に預けましたが、後はこのままにしておく方針です」。キツツキの折れた根元部分には植物が芽吹いていた。

ビッキが彫ったブッポウソウの見本を見上げる河上實さん=北海道音威子府村の砂澤ビッキ記念館で2022年10月10日、山本直撮影
ビッキが彫ったブッポウソウの見本を見上げる河上實さん=北海道音威子府村の砂澤ビッキ記念館で2022年10月10日、山本直撮影

 そもそもマカバの銘木を「思考の鳥」のエゾシカにしようとした時、河上さんは「湿気に弱いから」と止めた。しかし、ビッキは意に介さなかったという。屋外作品は遅かれ早かれ土に返る――。他人の瑕疵(かし)さえ作品に受け入れたビッキは、そう考えたのかもしれない。

 ちなみにビッキが89年に骨髄がんで亡くなるまでに制作したのは約1000点。道内を中心とする美術館のほか、音威子府村役場などにある。屋外作品では札幌芸術の森に4本の柱からなる「四つの風」があり、今も1本は立った状態だ。

 そして河上さんの自宅には「オトイネップタワー」のてっぺんに止まっていたブッポウソウの見本が残された。ビッキがタワー頂上部を担当する仲間のために彫ったものだが、周囲を困らせようといたずら心が働き、河上さん宅に隠させたものだという。【山本直】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ハイエース 200系 1~6型 ナロー/ワイド リアサイドテーブル 左右セット新品未使用 特価! エルグランド サンディ シートカバーマツダAZワゴン 内張り

純正品nismoフロアマットNote Aura、Note(E13)全車用,
★AE86前期トレノスピードメーター★頭文字D★旧車JDMハチロク当時物★,
NANIWAYA RS GT 背面プロテクター付き,
k様専用,