86純正シートクルマニア様 専用カプチーノ純正 運転席 右シートプリウス50 3wayスピーカー&ワンタッチサンシェード ※よしだ様専用

ハイエース100系 後期 リミテッド 7人乗り用 シートレース 感謝の声続々!

ハイエース100系 後期 リミテッド 7人乗り用 シートレース
用品の種類···その他
仲田光穂さん=千葉県旭市で2020年2月2日、近藤卓資撮影 拡大
仲田光穂さん=千葉県旭市で2020年2月2日、近藤卓資撮影

千葉・船橋市職員 仲田光穂さん(33)

 今年8月、ドイツで開かれた100キロを走るウルトラマラソンの世界選手権に日本代表として初めて出場した。自己ベストを8分以上縮める快走で団体戦銅メダルに貢献。個人でも100人中、日本人トップの6位に入賞した。

 本格的に陸上を始めたのは茨城県立水戸一高時代。陸上部員が少なく、800メートル、1500メートル、3000メートルと何でも走った。3年時には県大会に出場したが、全国大会出場などの華やかな実績を残したわけではない。千葉大時代も、カフェでのアルバイト後、健康のためにJR西千葉駅周辺をジョギングする程度だった。

 そんな中、大学3年のときに東京マラソンの一般参加に当選した。これが転機となる。「練習仲間が欲しい」とSNS(ネット交流サービス)を通じてマラソン愛好者とつながりを持つようになった。生き生きと走る親世代のランナーたちに刺激を受けた。本格的に練習を始め、積極的に大会に出場するようになった。

 さらに一枚の写真に心を動かされ、ウルトラマラソンにも挑戦することに。2014年、仲間がSNSにアップした大会の写真で、ランナーと共に青々とした空、水が透けた四万十川が写っていた。目を奪われ、胸が高鳴った。「こんなきれいな場所を自分も走ってみたい」。願いをかなえ、翌年初めてウルトラマラソンに出場した。苦しかったが、終わってみれば4着。「ゴール後の達成感と安堵(あんど)感が次も走ろうと思わせてくれた」

 普段は船橋市役所に勤務し、固定資産税の課税業務を担う資産税課で家屋を担当する。平日の夜は毎日自宅近くを10キロ走り、休みの日には40~60キロ走るなど、日々コツコツ努力を積み上げる。「走ることがただただ好き。世界大会は個人で銅メダル以上を目指していたので悔しかった。上を目指し、また挑戦したい」【山本佳孝】

なかた・みほ

 1989年生まれ。茨城県常陸大宮市出身。千葉大卒。2012年船橋市役所入庁。現在資産税課に勤務。100キロマラソンの自己ベストは7時間19分12秒。元気の源はカレーパンと白米で、楽しみはランニングしながらのパン屋巡り。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

あおたむ様gx71NANIWAYA RS GT 背面プロテクター付き

バカ丸様,
ランドクルーザープラド150系7人乗り ClazzioJr カラー:アイボリー,
ST240系カルディナ カルディナ misty製 運転席&助手席,
ゴルフカブリオレ用 純正 ウインドストップ/ディフレクター&袋,