トヨタ TE27 ドアトリムトヨタ カムリ(AVV50)CLAZZIO シートカバー ECT-RBRIDE BRIX ブリッド ブリックス セミバケ ラムさん専用

ドアレザーパネル [プリウス50系]ブラックレザー/シルバーステッチ 新入荷

ドアレザーパネル  [プリウス50系]ブラックレザー/シルバーステッチ
LDP-P50SI 商品名LANBO ドアレザーパネル TYPE LUXE 対応車種* プリウス ZVW50系 カラー設定 ●ブラック×シルバー シートカバー タイプLUXEと同様、チェッカーステッチキルティング デザインでファッションアイテムを想像させること間違いなし! 新しいキルティングラインを是非! 純正の味気ないドア内張り上部を高級感溢れるレザー仕様に一新。 高級車の風合いを再現したレザーパネルは適度な厚みと上質感を 表現し、品格ある内装を演出します。 ドア4枚分セットですので車内全体をイメージチェンジできます。 新品・未使用品ですが社外品になりますので多少の輸送傷等がある場合が御座います。 如何なる理由が有りましても工賃や損害請求には一切応じることができません。 予めご了承願います。 ▲ご注意▲ 北海道・沖縄・離島は追加送料がかかります。 運送便の指定はできません。ご了承ください。 土・日・祝の発送は致しておりません。 こちらの商品は複数店舗で同時に販売している為、ご注文を頂いた時点で稀に他店舗にて完売・欠品してしまう場合がございます。 今後の入荷予定を確認して入荷が困難な場合は、キャンセルもお受け致します。 ご注文前の在庫確認につきましてはご質問にて予めお問合せいただくことをお勧めいたします。 在庫管理はできる限りリアルタイムな更新を心がけておりますが万が一欠品の際はご了承下さい。
NPO法人職員らの指導のもと、器具を使った体操に励む高齢者たち=高知県仁淀川町大崎で、2022年10月17日午前11時42分、小林理撮影 拡大
NPO法人職員らの指導のもと、器具を使った体操に励む高齢者たち=高知県仁淀川町大崎で、2022年10月17日午前11時42分、小林理撮影

 長寿社会と言われる中、健康に生活できる健康寿命をいかに延ばせるのか。自分らしい質の高い生活を送るには心身ともに健康でなければならないが、施設には行きにくく、支援してくれる介護人材も不足している……。課題が山積する中、人口4695人、高齢化率56.1%(2021年10月1日現在)の高知県仁淀川町で、住民が主体となって「フレイル(虚弱)予防」に取り組む姿が全国から注目されている。最先端の動きを探った。

 10月のある日の午前9時前、高知市から仁淀川沿いの道を経て1時間余り、穏やかな町並みに建つ大崎診療所多目的ホール(同町大崎)に着いた。元気にあいさつする声が響く。高齢者らが「ハツラッツ体操」をちょうど始めるところだった。

 この日午前の初参加者は3人。まず体調や血圧などをチェックした後、そろいの「HATSURATS」ポロシャツを着て参加者とともに体操に入る。3月から体操の推進を担うNPO法人・フレイルサポート仁淀川の小松仁視さん(61)らの指導に基づいて柔軟体操やタオルを使った足上げなどをゆっくりこなしていく。「みんなすごいねー」。聞こえてくるのは、小松さんのほめ言葉だけではない。きつそうな運動も多いが、3時間ずっと誰かが話し、笑いが絶えない。「家族に勧められて初めて来た」石本愛子さん(82)も一生懸命トレーニングに取り組み、「運動は家の周りの農作業くらい。みんなでこういう体操ができるのはいい」と楽しそうだ。

「フレイル予防」住民全体で

 町でハツラッツ体操が始まったのは21年。東京大学高齢社会総合研究機構と連携し、町民がフレイル(要介護と健康の中間)状態になっていないか、日ごろの生活への設問などを通じて19年から調査する中で、「調べるだけでなく、フレイル予防の実践活動が必要だ」と町民から声が上がり、専門家が考案した。作業療法士らの指導のもと、週2回、各3時間、3カ月続けて柔軟や3種類の器具を使った体操などをする。毎回10人以上が出席するなど人気だ。

 参加者は2種類に分かれる。初参加者は「鯉(こい)さん」、お手伝いするメンバーは「お支えさん」と呼ばれる。「初めての人はまな板の上のコイみたいに、言われるがまま運動をしないといけないので」と山中喜郎理事長(76)が教えてくれた。実は、この「鯉さん」と「お支えさん」がフレイル予防の実践で重要な役割を担っている。体操の期間を終えると、支えてもらうのを卒業した「鯉さん」が「お支えさん」に回るのだ。山中理事長も「鯉さん」1期生で、これまでに約40人が卒業した。

 同町保健福祉課の片岡信博課長補佐(54)は「NPO法人をつくるなど、ここまで住民主体でフレイル予防の取り組みをするのは全国的に珍しい」と説明する。介護人材が不足し、施設で運動などを支援しにくい現状のある町にとって、「熱意ある有志が『予防につなげる活動をしよう』と体操を始め、体操を終えた高齢者が支えるという支え合いの仕組みもできたことは大きい」と話す。取り組みの自由度が高まったほか、顔見知りや身近なメンバーと気軽に話ができるため、参加者からは「楽しいからまた来たい」と歓迎する声が圧倒的だ。体操を卒業しても「お支えさん」として参加しやすく、運動を続けてもらいやすい利点もある。

要支援2から「自立」も

 同町によると、この体操に取り組んだ2人が、介護保険で要支援2から「自立」(介護サービス必要なし)になった効果も出ている。片岡課長補佐は「介護保険(要支援2)とハツラッツ体操の作業療法士の報酬の町負担額がほぼ同額だった。やっぱりお金はハツラッツに使いたい」と話す。

 フレイル予防のポイントは、「運動」「栄養(口腔(こうくう))」「社会性」の三つとされるが、関係者の全員が「社会性が最も重要」と話す。高知県内の取り組みに詳しい東京大高齢社会総合研究機構の神谷哲朗学術専門職員は、「仁淀川町では老いを自分ごととしてとらえ、住民が一緒に乗り越えるために自発的に互助の仕組みを作ってきた。今後、都市部も含めて高齢化の課題に直面する全国の地域の参考になる取り組みだ」と高く評価している。

サポーター制度少なく

 神谷学術専門職員によると、9月末現在でフレイルサポーター制度があるのは全国93自治体。徳島県では24市町村のうち9市町で制度があるが、高知県では34市町村のうち4市町にとどまり、香川、愛媛両県にはまだない。全国に先駆けて深刻な高齢化に直面している高知県は23年に健康寿命を男性73・02年以上、女性76・05年以上とする目標を掲げており、仁淀川町の先行例などを基に全県的な取り組みを急ぐ構えだ。【小林理】

フレイルサポーター制度がある四国の自治体

【高知県】(4市町)

南国、四万十市、仁淀川、大豊町

【徳島県】(9市町)

三好、小松島、鳴門市、那賀、藍住、松茂、美波、上板、東みよし町

※東京大高齢社会総合研究機構調べ、2022年9月末時点

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

200系 ハイエース センターコンソールランクル 70系 ZX 純正電動スポーツシート 24V20系アルファード/ヴェルファイア用ベッドキット

うめちゃんさん専用CX-8後期 純正 フロアマット プレミアム 美品,
ランクル60フロアマット 純正品 TOYOTA トヨタ,
サバーバン GMCグリル オレンジコーナーマーカー付き,
アバルト サイドステップ エクステンション カーボン 中古,