インパラ 61 シボレー アッパーグリル モール エンブレム セットHスタイル│リアスポイラー│E51 エルグランド 後期 ハイウェイスターアクア MODELLISTAフロントアンダースポイラー

かおるちゃん様専用 【爆売り!】

かおるちゃん様専用
中古品ではございますが、比較的綺麗だと思います。 あくまで個人主観ですので、完璧を求める方はご遠慮願います。
たいまつを掲げ、高台まで歩く参加者ら=広川町で2022年10月22日午後5時59分、山口智撮影 拡大
たいまつを掲げ、高台まで歩く参加者ら=広川町で2022年10月22日午後5時59分、山口智撮影

 幕末の安政南海地震(1854年)による津波の際、浜口梧陵が稲わらに火を付け、住民を高台に誘導した故事にちなむ「稲むらの火祭り」が22日、和歌山県広川町で開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で2020年は採火式のみ実施。21年は中止しており、3年ぶりの開催となった。

 感染予防のため今回、参加者を町民と町在勤者に限った。この日、町役場前での採火式の後、約300人が町役場から高台の広八幡神社まで、燃えるたいまつを掲げて約1・7キロの道のりを歩いた。感染予防のため、従来よりも行列の間隔をとったという。道中では、町立耐久中の生徒が製作した稲むら4基に実際に火を付けた。

 祭りは当時の住民らも歩いたとみられる避難経路をたどることで防災意識を高めようと始まり、今回で20回目となる。実行委員会の小原崇副委員長(66)は「2年間中止になったため、初めて参加する小さい子どももいる。何があっても避難するという防災意識を身につけてほしい」と語った。【山口智】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

S13 シルビア 純正フロントグリルデリカD:5後期車用サイドステップ【リア片側】LANDLIC JAPANアルファードヴェルファイアサイドマッドガードサイドステッ プ

ダイハツ:ハイゼット S500P , S510P フロントガードバー,
ジムニー フロントブルバー ステンレス JB64 JB74 グリルガード,
ハイゼットジャンボ用リアバンパーアルミ製、チェッカープレートステップ付き,
0060 復刻版 ステンレス製 五光ミラー 鏡面,