たかぼん様Blitz DANPER タントカスタム LA610S 車高調スバル レガシー車高調アルファード、ヴェルファイア20系 ブリッツ車高調

BETA RR 125LC 純正シリンダー ピストン ベータ 125 【高価値】

BETA RR 125LC  純正シリンダー  ピストン ベータ 125
BETA RR 125 LC 純製ピストン&シリンダーキットになります。 ヤマハ ミナレリエンジンであれば色んな車種に使用可能です。こちらの商品、走行距離1500キロでマロッシ製のボアアップキットを組みましたので今後使う事がない為、出品致しました。 程度の方は慣らし運転が終了して、のんびりツーリング程度で距離が伸びたので程度はかなり良いかと思います。 シリンダー内傷など無く綺麗です。 機能上問題となる欠点ございません。 そのまま使えるコンディションとなっております♪ オークション等、なかなか出てこない珍しい品です! 修復素材やノーマル戻しに如何でしょうか? お探しの方、この機会にぜひどうぞ! 参考データ ●メーカー: ●車名: BETA RR 125 LC ●型式:ZD3E4000F0001*** ●刻印:5D700 上記車両から取外しました。 送料無料です。
ReBitのスタッフで、多岐にわたる相談に対応している石倉摩巳さん=ReBit提供 拡大
ReBitのスタッフで、多岐にわたる相談に対応している石倉摩巳さん=ReBit提供

 LGBTQなどの性的少数者の若者の意識を調査したところ、10代の半数近くがこの1年間に自殺を考え、7人に1人が自殺未遂をしていたとの調査結果を、認定NPO法人「ReBit(リビット)」(東京都)がまとめた。LGBTという言葉は確かに広まってきた。ただ、親が性的少数者を「そっち」と表現するなど、日常の会話で当事者は傷つけられ「相談できない」と思い詰めている。【藤沢美由紀】

心身不調や精神疾患経験も5割超

 調査は9月4~30日、12~34歳の性的少数者を対象にインターネットで実施し、有効回答2623人分を分析した。

調査を実施した認定NPO法人「ReBit」の薬師実芳代表理事=ReBit提供 拡大
調査を実施した認定NPO法人「ReBit」の薬師実芳代表理事=ReBit提供

 この1年間に自殺を考えた人は全体で40・4%に上り、中でも10代では48・1%に達した。10代は、自殺未遂をした経験が14%、自傷行為も38・1%で、いずれも20~30代より高かった。

 この1年間に心身の不調や精神疾患を経験した人は52・5%と約半数を占め、過去1カ月の間に、気分障害や不安障害に相当する心理的苦痛を感じた人が10代で56・1%、20~30代でも5割近くとなった。

9割「親や先生に安心して話せない」

 家庭や学校が安心できる場でないことも浮き彫りとなった。

 保護者に、自らの性のあり方について安心して話せないという人は全体で91・6%に上った。「保護者がLGBTQに否定的な言動をした」など何らかの困難を経験した人は89・1%だった。

この1年に経験したこと 拡大
この1年に経験したこと

 中高生や大学生らに、この1年間の学校での体験を聞いたところ、「生徒がLGBTQに関してネタや笑いものにしていた」など何らかの困った経験をした人は70・7%に上った。先生からの同様の言動など教職員が要因の困難を経験した人の割合も33・6%だった。10代では、この1年間で「学校に行きたくない」と感じた割合は52・4%と半数を超えたが、自らの性のあり方に関して教職員に安心して話せないと感じている人がほとんどだった。

 自由記述欄には「『おかま』『ホモ』などの侮蔑的な言葉が自分に向けられる恐怖と日々闘い、疲弊して高校生の頃に精神疾患を発症。高校を中退せざるを得なくなった」(31歳)▽「親に『お前そっちじゃないよな』などと探りを入れられる度に『そんなわけない』とうそをついて笑うことがつらかった。家の中でさえ、自分が自分でいられない」(18歳)――など深刻な体験談や長文の悩みが多数寄せられた。

LGBTQの子どもへ「支援体制を」

ReBitで多岐にわたる相談に対応する石倉摩巳さん=ReBit提供 拡大
ReBitで多岐にわたる相談に対応する石倉摩巳さん=ReBit提供

 ReBitは今回の調査を、日本財団や厚生労働省などが全国の住民を対象に実施した同様の調査と比較、分析した。日本財団の2021年の調査では、10代で1年以内に自殺を考えた割合が12・7%、自殺未遂をした割合が3・5%で、LGBTQの子どものリスクは全国平均よりもはるかに高い。薬師実芳(みか)代表理事は「LGBTQを巡る状況は良くなっていると思われがちだが、いまだに深刻な状況に置かれている。政府や自治体が自殺などの対策に性的少数者への支援をしっかりと位置づけ、学校、家庭、職場それぞれの課題解決に取り組むことが必要だ」と訴える。

「身近に安心して話せる人が必要」

 ReBitでは、困難な状況にある性的少数者の当事者からの相談を多く受けている。薬師代表理事によると、「性のあり方について親など周囲から否定され、うつなど精神疾患になり、その影響で働くことができず、そのため実家を出ることができない」といった、複数の困難が絡まり合ったようなケースが多く見られるという。

 相談に対応するのは精神保健福祉士の資格を持つ石倉摩巳さん。対面のほか、電話、チャット、メール、オンライン会議システム「Zoom」などさまざまな手段で対応する。精神疾患や自殺念慮などのある性的少数者からの相談も多く、「初めて人に相談できた」という人も少なくない。さまざまな機関で相談を聞いてもらえなかった経験から「こんな私でも相談していいですか」と遠慮がちに前置きする人もいる。安心して話せる場が圧倒的に不足していることが感じられるという。

調査を実施した認定NPO法人「ReBit」の薬師実芳代表理事(左端)とスタッフの石倉摩巳さん(右から2人目)=ReBit提供 拡大
調査を実施した認定NPO法人「ReBit」の薬師実芳代表理事(左端)とスタッフの石倉摩巳さん(右から2人目)=ReBit提供

 石倉さんは今回の調査結果に心を痛めると同時に、多くの当事者の声を聞いてきた実感として「自殺念慮や自傷行為の割合はもっと高いのでは」とも感じているという。「精神疾患は早期発見と治療が大事だが、親や先生に相談できなければそうした医療機関にもつながりにくい。悩みを独りで抱え込み続けてしまうと、相談機関にアクセスする気力もなくなってしまう。身近に安心して相談できる人が必要です」と訴える。

 石倉さんが心がけるのは、相談へと一歩踏み出してくれたことに感謝し「話してくれてありがとう」と伝えることだ。話をしっかり聞き、すべてを解決できなくても次のステップへとつながるよう課題を整理する。「それぞれの生き方の選択肢を広げる手伝いができたら」と思いを込めた。

LGBTQなど性的少数者に関する主な相談窓口

よりそいホットライン(24時間無料電話相談、4番がセクシュアルマイノリティー専門回線)

 0120・279・338

ダイバーシティキャリアセンター(ReBit、電話は平日午前9時~午後6時。LINEでも受け付けている)

 080・4950・6263

https://diversitycareer.org/contact/

セクシュアル・マイノリティ電話法律相談(毎月第2・第4木曜日の午後5〜7時。祝日の場合は翌金曜日)

 03・3581・5515

LGBTQ+いのちの相談窓口(月・火・金・土・日午後1〜7時)

https://pridehouse.jp/legacy/event/273/

ラップアラウンド・サポート(24歳以下対象、月・火・金・土・日午後1〜7時)

https://pridehouse.jp/legacy/event/97/

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

車高調 サスペンション トヨタBB用 トヨタ TOYOTAR様専用 20系アルファード,ヴェルファイア。50系エスティマCUSCO車高調。50センチュリーエアサスフロント運転席側(右)

エアサス 電磁弁 フルセット,
BLITZ ミラクルストロークアジャスター GRヤリス用(新品),
日産エルグランドME51用CUSCO車高調,
18クラウンショートナックル,