ミラクルキャンバーアジャスター BLITZ ブリッツ GR86 86 BRZ等に50エスティマ キャンバー付 フロントのみ 減衰力36段調整式フルタップ車高調RB 様 足回り部品

最終値下げ SR-S501 TYPE-K2 RG 車高調整式サスペンション 【WEB限定】

最終値下げ SR-S501 TYPE-K2 RG 車高調整式サスペンション
SR-S501 TYPE-K2 RG レーシングギア車高調整式サスペンション STREET RIDE DAMPER ストリートライドダンパー 減衰力固定式スズキ/マツダ車 調整可能範囲 F:-65mm~-5mm R:-75mm~-25mm コンビニ ●車種:アルトワークス 型式:HA12/22S 年式:98.10~01.05 ●バネレート F:4.0kgf/mm R:2.2kgf/mm ●車高調整可能範囲 F:-65~-5mm R:-75~-25mm  ●備考 R:専用バンプラバー付属 調整式ラテラルロッド:SR-S100 ●車種:ワゴンR 型式:MC11/12/21/22S 年式:98.10~02.03 ●バネレート F:4.0kgf/mm R:2.2kgf/mm ●車高調整可能範囲 F:-65~-5mm R:-75~-25mm  ●備考 R:専用バンプラバー付属 調整式ラテラルロッド:SR-S100 ●車種:AZワゴン 型式:MD21S 年式:98.10~00.11 ●バネレート F:4.0kgf/mm R:2.2kgf/mm ●車高調整可能範囲 F:-65~-5mm R:-75~-25mm  ●備考 R:専用バンプラバー付属 調整式ラテラルロッド:SR-S100
【ヤクルト-オリックス】五回裏ヤクルト1死一塁、山田を併殺打に打ち取り喜ぶオリックスの2番手・山崎颯=神宮球場で2022年10月23日、猪飼健史撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】五回裏ヤクルト1死一塁、山田を併殺打に打ち取り喜ぶオリックスの2番手・山崎颯=神宮球場で2022年10月23日、猪飼健史撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」の第3戦が25日、京セラドーム大阪で行われた。

 オリックスの中継ぎ投手の顔ぶれで、目を引くことがある。第1戦ベンチ入りの救援陣8人、第2、3戦の9人、全員が「右」の投手であることだ。

 ヤクルトは史上最年少3冠王でシーズン56本塁打を放った4番・村上宗隆を擁する。村上をはじめとする左の強打者に対して、左投手のワンポイント起用も有効な対策となりそうだが、オリックスはそうした作戦をとっていない。

 並ぶのは、豪速球が持ち味の投手たち。160キロ近い直球で攻め込む山崎颯一郎や、宇田川優希、ワゲスパック、阿部翔太ら、思いきりの良さが光る右腕がそろう。オリックス救援陣の魅力は「左対左」などの定石に頼らず、「速さ」と「強さ」で押し切ることができるパワー。レギュラーシーズンからその持ち味を貫いて、勝ち星を積み重ねてきた。

 プロ野球史における「勝ちパターン」といえば、2005年の阪神が誇った「JFK」が印象的だ。先発投手はクオリティースタート(6回以上を自責点3以下)を一つの目標とし、終盤の3回は抜群の安定感を誇るジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之の継投で逃げ切る。この年の阪神は3投手の貢献もあり、リーグ優勝を果たしている。

 今年のオリックス救援投手の陣容は「相手」よりも「自分たちらしさ」にこだわる自信や、信頼の表れに映る。その安定感は先発投手の心の余裕や攻めの姿勢を生み、試合中盤から早めの継投に入ってもチームが焦ることはない。「右」だけが並ぶオリックスの中継ぎ投手が、日本一を懸けた頂上決戦で見せる力勝負に注目したい。【角田直哉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ホンダ N-BOX スラッシュ サスペンションスズキパレットMK21S新品未使用 スズキ純正 ラパン ストラット左右

KYB カヤバ ショックアブソーバー ハスラー リア2本,
新品 テインtein車高調 アテンザスポーツ GH5FS GH5FW GH5AW,
30系 アルファード ヴェルファイア HKS 車高調,
LA600 L375・L455タント ミラ・ムーブ L100 BLITZ 車高調,